[PR] 投資信託
百合の話

へい、また久しぶりにブログを書きます。

 

「百合の話」っていうか「わたしと百合 の話」だね。百合というのは女と女の恋愛を描いたジャンル……として使われることが多いはずだけど、わたしにとっては今はもう「女たちのつよい(または弱い)感情などのむすびつきをえがいたもの(※感情の結びつきとは恋愛も含む)」っていうかんじだ。「百合」に出会ったのは高校生のときで、『青い花』の2巻を親が買ってきた。とつぜん2巻からだから話もよくわからないし、でも夢中で読んだ記憶がある。何回も読み返した。
それまでも、フィクションに出てくる「女の子のことが特別好きな女の子」を決まって好きになった(いまも好きになる)。それは「ちょっと変な子」みたいにぼんやりと描かれることが多くて、または「きゃー、レズ! こわーい!」みたいな描かれ方をするコメディの存在で、それに惹かれる気持ちをどうすればいいのかむつかしかった。
『青い花』を読んで、「これだったのか」みたいな気持ちになったとおもう。それまで物語に〈恋愛〉が出てくるの言ってることわからないし嫌だなってかんじだったけど、なんかすごい偶然なのか知らんが恋愛となると男と女との恋愛の話に当たる率がめちゃめちゃ高くて気づいてなかっただけで、女と女の話だったら〈恋愛〉の話になってもわからないけどもそんな嫌じゃないな?てもなった。その後そんなに多くはないけどいろいろな話に触れて、じぶんは女たちの話でもそんなに〈恋愛〉には興味なく、もっとほかの、それを含んでてもいいからたくさんの……がほしい気がするなってわかってきたけども、「女の子を(いろんな意味で)好きな女の子」の感情がぼかされたりギャグにされたりしないことの最初の喜びったら。


わたしはいまの人生の半分くらいから「じぶんはレズビアンなのかな」とおもって生きてきて、3分の2あたりからは「じぶんはレズビアンです」という気持ちでいる気がする。同性へのはっきりしたつよい恋愛感情を経験したとか、同性をパートナーとしていた経験があるとかはなくて、だからほんとうに「そういう気持ちでいる」なんだけど。

そして、それでときどき、じぶんに対する「こいつここにいて大丈夫なのか」ていう猜疑心に見舞われることがあった(たぶん今でも)。たとえばアイドルのファンとして男性ばかりの現場に行ったとき、はたまた女性だけの集まりにのぞんだとき。わたしは〈男性〉(男性器を持つひととかでなく、「この世には男と女というふたつのちがう生き物がいて…」みたいな世界観で「男のほう」として生きているひとってことで)への嫌悪感もまたすごくて、ときどき「でもおまえもその〈男〉と同じなのでは?」てなってしまう。「女性を見る」ことについて、なんていうか、「〈男性〉が女性を見る」やりかたしか存在を知らなかった。それは「高いところから低いところを見るやりかた」だし、ほとんどが「女性への暴力」だった。だから、女性としてそれを暴力と感じながら「女性を見る」をやるなんて、こいつが、ここにいて大丈夫なのか。けっきょくお前も暴力の担い手なだけじゃないか。羊の群のなかに、そうとバレずにまぎれこんだ狼みたいだ……。
なんでそんなに「女性を見る」が怖いのかとおもうと、現実がそうなのもあるけど、けっきょくフィクションからもそういう見方しかほとんど教わらなかったからもあるよな。子どものころ、「女の子向け」以外の、女の子でも男の子でも見る作品の多くは男の子が主人公だった。男の子は自由に冒険を重ねた。女の子は「(男の子に)恋をする」または「(男の子の)恋の対象になる」そうでなければ「セクシーなハプニングで画面を盛り上げる」存在のことが多かった。(「女の子向け」の作品でも女の子はよく恋をしたし、好きな登場人物の女の子が恋をすると、とつぜん理解が追いつかなくなって怖かった。)この世で「女性を見る」のが、じぶんにとって「女の子のキャラクターをそういうところだけに閉じ込める」ことと重なっていった。
その重なりをはがしてじぶんがちょっとじぶんに安心できるようになるには、たとえば百合と、他にもアイカツ!とかプリパラとかストリップとかを通っているのだけど、またそれは別の話で、とにかく、もっとこの世にたくさん、いろんな種類のフィクションが、誰にでも、できれば子どものときから手の届くかたちであればいいのに。とつよくつよくおもう。
男の子だけじゃなく恋愛に関係のない冒険をして、誰でも恋愛感情を抱くなんてなくて、愛し合うのがいちばんすばらしいなんて嘘で、家族は必ずわかりあえるとかも言わない、この世に性別は2つあってそれぞれの役割があるとか押し付けてこない、女の子同士の絆はおとなになって男と結ばれれば消える儚いものだとかも示さない、そのほかいろいろの、いろんなフィクション。
それを「子どものころのじぶんにあげたい」ような気持ちがあるし、たとえば「女と男はちがった生き物で、男のほうがすぐれている」とじぶんで考えてると気づかず思い込んでいるようなひとに、最初からそういう「いろいろなフィクション」があったらどうだったんだろうって考えずにいられない。ちかごろ、よく。子どものころ、わたし、(「女の子向け」でない)フィクションのなかで女の子が小さな枠のなかにしか置かれなくとも、そもそも男の子たちのなかにもじぶんを見つけて、または女の子含む誰もじぶんとはちがう存在として、楽しんでいたはずだ(それでも刷り込みはあったよなってさみしい気持ちにもなる)。そして大人になるにつれ、そういう表象をされる女性という性別であることなどなどに葛藤を持つようになる。けど、たとえばもう、そのまま、「女の子とはそういう生き物だ」て、そこから得て、それだけ、それだけで生きていく可能性もあったわけだよね。現に、そうやって生きていってるひとがいっぱいいるのでは。知らんけども。

 

物語を「これはじぶんのためのものだ」て受け止めることができるひとが少しでも増えるように、また、これからの子どもたちがもっともっとたくさんの種類の物語に手を伸ばせるように、ひとつでも物語、増えてほしい。
ということで、「10代レズビアンのリアルな青春とサバイバルを描いた映画原作小説『The Miseducation of Cameron Post』を翻訳出版して若者に届けたい!」を応援しています。
https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/2833
出版に向けたクラウドファンディングで、7月12日の未明2時(これを書いている時点で残り10日! 現在の達成率は58%)までに100%に達する必要があります。
よかったらみんなも支援しよ。

 

- - - - -

いま7月13日で夜9時。達成率69%。わくわく。

本を出版できるようにすることって世界をちょっと変えてやるってことじゃん、しかもその本がレズビアンの物語で、大人向けでなくYA向けで、「女同士の恋愛の物語」としてでなく「レズビアンの青春とサバイバルの物語」で、それってぜったいほしいじゃんっておもう。この物語が翻訳されて本として読まれるようになること、復讐みたいに楽しみにしています。

 

- - - - -

いまは7月17日。

わーい100%!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

comments(0) | -
好きな小説のこと

 

久しぶりにブログを書きます、好きな小説の紹介をします。

 

初めてその小説を読んだのは2017年の9月でした。

双子でふたり暮らしを2017年の春からしているのですが、鍵に関して油断しがちで、その日も鍵を持たずに家を出ていました。あとから家を出た姉が施錠はしてくれた。だけど帰宅するのも私のほうが早く、私は鍵を持っていません。家に入れません。姉にLINEすると「またか」って呆れられて(その前の月も家の前で姉の帰宅を1時間以上待ってた)、しかも姉の帰りはけっこう遅くなるようだった。家の前にそのあいだ立ち尽くし続けるのもな、不審者だと思われちゃうかもだし。で、最寄りのファミレスまで歩き、座席に座り、ミニパフェを頼み、しばらくのあいだねばることにする。

それで、手持ち無沙汰だ。カバンをごそごそやって、小説を持ち歩いていたって気づきます。

読む!

読み終わる。

「これをもっとたくさんのひとが読むのが楽しみだな」と思う。

そのとき小説にまだ名前はなく、それは本ではなくてコピー用紙の束なのでした。

小説の作者は、友だちのにしきみさん。

 

にしきみさんとはけっこう前からツイッターで相互フォローで、じっさいに知り合ったのは私が大学を卒業し無職としてきらめいていたとき。歌会の場でお会いして、緊張していたし、第一印象は覚えていない。第一印象っていうか、いちばん最初にそのひと固有のものとして得た印象は、唇に塗られたピンク色だった。それは口紅のピンクで、お化粧が浮いてるとかそういう意味ではなく、たぶん私はそのときまで、そうやって宝石を飾るように唇に色を差すことを、防御とか盾とかじゃなくそうすることを、あんまり意識しないでいたんだと思う。意識してみると、わー、それはなんてすてきなことだろう!

そしてすてきなひとと友だちになり、短歌なしにも遊ぶようになり、唇を見なくても顔を見分けられるようになり、一緒に映画に行ったり、お酒を飲んだり、3人組になって遊園地に行ったり小さいパーティをしたり、の延長で、やっと書き上げることができたという小説が、私のもとにやってくる。

最初、にしきみさんは「無理しないで読んでね」ってすごく私を心配してくれた。「つらかったら途中でやめてもいいからね」

それもそのはず、小説のなかには複数の恋愛についての感情が描かれ、私は恋愛感情というものが苦手で、私の苦手なことについてにしきみさんはわかってくれていた。

だからファミレスで読み始めたとき、ちょっとおそるおそるだった。そして読みながらハラハラもした。けど大丈夫で、読み終わるとすごくさわやかな気持ちになった。これを読めてよかったと思った。そして「これをもっとたくさんのひとが読むのが楽しみだな」と思いました。

 

で、「楽しみ」は実現する。

小説は受賞し、活字になり、2018年冬、本になりました。本屋さんで売っている本!

錦見映理子『リトルガールズ』!

 

リトルガールズ書影

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480804846/

ヌードモデルになってほしいと迫られる中年教師、女友達への気持ちに戸惑う女子中学生、夫を好きになれない妻―選考委員に「理由のわからないパワフルさ」「爽やかな読後感」と評された、恋と人生の輝きを描くデビュー作!第34回太宰治賞受賞作。

 

恋と人生の輝き?! うんうん、そうなのかもしれない、でも私にとってはそうじゃなかった。そうじゃなかったからリトルガールズのことが好き。

この先ちょっとネタバレになりますね。

公式紹介文にいる3人、中年教師と女子中学生と妻には、物語に登場するとき、恋によってもたらされるハッピーエンドの可能性が多くあったと思う。ほかの物語だったならきっとそうだったんでしょって思う。服を脱ぐことへの逡巡を恋ごころによって突破する中年教師、困難な感情をでもやさしい恋で満たす女子中学生(またはその「思春期特有の感情」を脱しほんとうの恋、多くは異性への恋を知ることで成長する女子中学生)、夫への愛をやっと理解する妻(または恋の相手との人生をもぎとる妻)……、わー、うんざりだ!

恋をすることが人間としてのほんとうの人生の始まりのように言う、物語の正しいかたちであるかのようにする、そういったことにずっとうんざりさせられてきた。

けど、リトルガールズはちがうってわけです。ちがうってだけじゃなく、やさしくて広いところに連れていってくれる。どういうことかって、読んでください。

もちろん「ここがこうだったバージョンも読みたいな」みたいなのもあって(私はすべての映画に「これの全員女性バージョンが見たい」っていう女だ)、あの子とかあのひとも女性だったらなとかもすぐ考えちゃうけど、それはこれから生まれる小説を楽しみにしとこう。この世にはもっといろんな小説が必要で、リトルガールズは「いろんな」をしっかり広げた、「これから」を期待する気持ちになるのはこういう小説に会ったときです。ありがとう!

 

あと、この小説には服とかインテリアとか、たくさんのきらきらの装飾が出てきます、そこも素敵だし、そういうの好きっていうひとに読んでほしい。ああ、宝石を飾るみたいにお化粧をする友だちがこの小説を書いた!ってうれしくなった。小説を好きになったり大事にしたりするとき、その作者について触れたくない気持ちはあるんだけど、うれしいから許してほしい。

装飾は、装飾をじぶんのものとするときの勇気(勇気を出してそうする&そうすることで勇気を得る)としても登場する。『リトルガールズ』の表紙は、やわらかい生成色を背景に、中年女性の裸体が描かれます。白い帯にはきっぱりしたピンク色で「もう、好きな服しか/着ないって決めた」って書いてある。しびれるぜ。

 

リトルガールズサインの自慢

 

ほかにもいろいろ書きたいけど手を布団から出してパソコンをかちかちしてくると、だんだん指先が動かなくなってくるんですね、この部屋には暖房がないから。また思い出したら付け足したりするかもしれない、とりあえず今日はこのへんで。体調に気をつけて、あたたかいもの飲んだりして。またね。

comments(0) | -
歌集の通販

 

さよならうどん博士 

歌集『さよならうどん博士』 文庫サイズ 120ページ
早稲田短歌会でつくった短歌とツイッターやブログで発表した短歌の再録本です。

・歌集のみ …… 800円(送料込)

 

※boothには700円(+送料310円)で入れています。匿名配送です。

https://bit310.booth.pm/items/604404

 

自家通販を希望されるかたは【chise.ymnk@gmail.com】まで下記のことをメールしてください。
- - - - - -
件名「通販申し込み」
1)名前
2)郵便番号、住所
3)冊数
- - - - - -
折り返し、振込先などご連絡いたします。

- - - - - -

以下は歌集の中身についてです

続きを読む >>
comments(0) | -
PROFILE
LINK
Search this site :