[PR] 投資信託
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
好きな小説のこと

 

久しぶりにブログを書きます、好きな小説の紹介をします。

 

初めてその小説を読んだのは2017年の9月でした。

双子でふたり暮らしを2017年の春からしているのですが、鍵に関して油断しがちで、その日も鍵を持たずに家を出ていました。あとから家を出た姉が施錠はしてくれた。だけど帰宅するのも私のほうが早く、私は鍵を持っていません。家に入れません。姉にLINEすると「またか」って呆れられて(その前の月も家の前で姉の帰宅を1時間以上待ってた)、しかも姉の帰りはけっこう遅くなるようだった。家の前にそのあいだ立ち尽くし続けるのもな、不審者だと思われちゃうかもだし。で、最寄りのファミレスまで歩き、座席に座り、ミニパフェを頼み、しばらくのあいだねばることにする。

それで、手持ち無沙汰だ。カバンをごそごそやって、小説を持ち歩いていたって気づきます。

読む!

読み終わる。

「これをもっとたくさんのひとが読むのが楽しみだな」と思う。

そのとき小説にまだ名前はなく、それは本ではなくてコピー用紙の束なのでした。

小説の作者は、友だちのにしきみさん。

 

にしきみさんとはけっこう前からツイッターで相互フォローで、じっさいに知り合ったのは私が大学を卒業し無職としてきらめいていたとき。歌会の場でお会いして、緊張していたし、第一印象は覚えていない。第一印象っていうか、いちばん最初にそのひと固有のものとして得た印象は、唇に塗られたピンク色だった。それは口紅のピンクで、お化粧が浮いてるとかそういう意味ではなく、たぶん私はそのときまで、そうやって宝石を飾るように唇に色を差すことを、防御とか盾とかじゃなくそうすることを、あんまり意識しないでいたんだと思う。意識してみると、わー、それはなんてすてきなことだろう!

そしてすてきなひとと友だちになり、短歌なしにも遊ぶようになり、唇を見なくても顔を見分けられるようになり、一緒に映画に行ったり、お酒を飲んだり、3人組になって遊園地に行ったり小さいパーティをしたり、の延長で、やっと書き上げることができたという小説が、私のもとにやってくる。

最初、にしきみさんは「無理しないで読んでね」ってすごく私を心配してくれた。「つらかったら途中でやめてもいいからね」

それもそのはず、小説のなかには複数の恋愛についての感情が描かれ、私は恋愛感情というものが苦手で、私の苦手なことについてにしきみさんはわかってくれていた。

だからファミレスで読み始めたとき、ちょっとおそるおそるだった。そして読みながらハラハラもした。けど大丈夫で、読み終わるとすごくさわやかな気持ちになった。これを読めてよかったと思った。そして「これをもっとたくさんのひとが読むのが楽しみだな」と思いました。

 

で、「楽しみ」は実現する。

小説は受賞し、活字になり、2018年冬、本になりました。本屋さんで売っている本!

錦見映理子『リトルガールズ』!

 

リトルガールズ書影

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480804846/

ヌードモデルになってほしいと迫られる中年教師、女友達への気持ちに戸惑う女子中学生、夫を好きになれない妻―選考委員に「理由のわからないパワフルさ」「爽やかな読後感」と評された、恋と人生の輝きを描くデビュー作!第34回太宰治賞受賞作。

 

恋と人生の輝き?! うんうん、そうなのかもしれない、でも私にとってはそうじゃなかった。そうじゃなかったからリトルガールズのことが好き。

この先ちょっとネタバレになりますね。

公式紹介文にいる3人、中年教師と女子中学生と妻には、物語に登場するとき、恋によってもたらされるハッピーエンドの可能性が多くあったと思う。ほかの物語だったならきっとそうだったんでしょって思う。服を脱ぐことへの逡巡を恋ごころによって突破する中年教師、困難な感情をでもやさしい恋で満たす女子中学生(またはその「思春期特有の感情」を脱しほんとうの恋、多くは異性への恋を知ることで成長する女子中学生)、夫への愛をやっと理解する妻(または恋の相手との人生をもぎとる妻)……、わー、うんざりだ!

恋をすることが人間としてのほんとうの人生の始まりのように言う、物語の正しいかたちであるかのようにする、そういったことにずっとうんざりさせられてきた。

けど、リトルガールズはちがうってわけです。ちがうってだけじゃなく、やさしくて広いところに連れていってくれる。どういうことかって、読んでください。

もちろん「ここがこうだったバージョンも読みたいな」みたいなのもあって(私はすべての映画に「これの全員女性バージョンが見たい」っていう女だ)、あの子とかあのひとも女性だったらなとかもすぐ考えちゃうけど、それはこれから生まれる小説を楽しみにしとこう。この世にはもっといろんな小説が必要で、リトルガールズは「いろんな」をしっかり広げた、「これから」を期待する気持ちになるのはこういう小説に会ったときです。ありがとう!

 

あと、この小説には服とかインテリアとか、たくさんのきらきらの装飾が出てきます、そこも素敵だし、そういうの好きっていうひとに読んでほしい。ああ、宝石を飾るみたいにお化粧をする友だちがこの小説を書いた!ってうれしくなった。小説を好きになったり大事にしたりするとき、その作者について触れたくない気持ちはあるんだけど、うれしいから許してほしい。

装飾は、装飾をじぶんのものとするときの勇気(勇気を出してそうする&そうすることで勇気を得る)としても登場する。『リトルガールズ』の表紙は、やわらかい生成色を背景に、中年女性の裸体が描かれます。白い帯にはきっぱりしたピンク色で「もう、好きな服しか/着ないって決めた」って書いてある。しびれるぜ。

 

リトルガールズサインの自慢

 

ほかにもいろいろ書きたいけど手を布団から出してパソコンをかちかちしてくると、だんだん指先が動かなくなってくるんですね、この部屋には暖房がないから。また思い出したら付け足したりするかもしれない、とりあえず今日はこのへんで。体調に気をつけて、あたたかいもの飲んだりして。またね。

comments(0) | -
歌集の通販

 

さよならうどん博士 

歌集『さよならうどん博士』 文庫サイズ 120ページ
早稲田短歌会でつくった短歌とツイッターやブログで発表した短歌の再録本です。

・歌集のみ …… 800円(送料込)

 

※boothには700円(+送料310円)で入れています。匿名配送です。

https://bit310.booth.pm/items/604404

 

自家通販を希望されるかたは【chise.ymnk@gmail.com】まで下記のことをメールしてください。
- - - - - -
件名「通販申し込み」
1)名前
2)郵便番号、住所
3)冊数
- - - - - -
折り返し、振込先などご連絡いたします。

- - - - - -

以下は歌集の中身についてです

続きを読む >>
comments(0) | -
見た(い)映画リスト
映画館で見たいリスト
・グランドフィナーレ
・アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち
・劇場版 響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
・フィフス・ウェイブ
・追憶の森
・孤独のススメ
・ひそひそ星
・レジェンド 狂気の美学
・ゴーストバスターズ
・ヘイル、シーザー!
・ディストラクション・ベイビーズ
・デッドプール
・嫌な女
・ウィ・アー・ザ・ベスト!
・グッバイ、サマー

- - - - - - - - - - -
見たリスト
※DVDで見たやつは()でくくる。
※ひとと見た映画には ◆

0107 (ジーザス・クライスト・スーパースター)
0108 (ジーザス・クライスト・スーパースター 音声解説付き)
0112 マイ・ファニー・レディ
0116 KING OF PRISM by PrettyRhythm
0124 KING OF PRISM by PrettyRhythm
0130 アンダーグラウンド
0202 ドン・ハーツフェルトの夕べ(ビルの3部作、明日の世界) ◆みお
0203 ジプシーのとき ◆みお
0209 オデッセイ
0217 キャロル ◆にしきみさんとひらおかさん

0222 KING OF PRISM by PrettyRhythm ◆みお
0208 さらば あぶない刑事
0304 ヘイトフル・エイト ◆にしきみさんとひらおかさん
0311 X-ミッション ◆にーにーさん
0312 プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ あじみ&ふわり
0320 プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ ひびき様
0324 プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ ひびき様 応援上映
0324 ガールズ&パンツァー 劇場版
0327 (ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!)
0329 プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ ちゃん子

0329 (ホット・ファズ)
0330 父を探して
0331 (ブルース・ブラザーズ2000)
0502 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃
0506 (クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃)


 
comments(0) | -
PROFILE
LINK
Search this site :