[PR] 投資信託
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
文フリに出る本に書いてる文紹介
金沢文フリで売られる本に書いてる文章の紹介です。

【え-10:痛覚】
●新刊/短歌中心百合アンソロジー「きみとダンスを」
https://c.bunfree.net/p/kanazawa01/2878
・短歌10首連作「ナチュラル・ボーン・ウィナーズ」
・「想像力が足りない故にここに君を再現できぬ故にかなしい/花山周子」を下敷きにしたSS

春まけて 最終回には まだ早い カーラジオから スローバラード

もう何個の夜が来た?
わかりません。はるみ、君がギンレイを離れてどれくらいになるんだろう。君のすぐあとに天草が去り、それからしばらくしてアンコールもセミノールも出てゆきました。


【う-41:夜間飛行惑星】
●既刊/性別越境アンソロジー「兼ネル」
https://c.bunfree.net/p/kanazawa01/2901
・掌編小説「銀河」
※「あなただけ方舟に乗せられたなら何度も何度も手を振るからね/馬場めぐみ
残像のあなたと踊り合いながらあらゆる夏は言葉が許す/堂園昌彦」などの短歌を引用しています。

 海には無数の本が沈んでいる。どの本も生まれたばかりのように傷ひとつない姿で暗い海の底に光っている。海辺のようすはいつでも変わらないけれど、沈む本はそのときどきで変わった。私たちはユリに導かれて海に潜り、見つけた本をひらく。
 はじめ、得るようになった海辺についてのぼんやりとした記憶を、私は夢の占いと呼んでいた。


●既刊/BL短歌合同誌「共有結晶」vol.3
http://bltanka.info/?page_id=15
・短歌10首連作「blue」
・「人の死を詠みたし春の風呂場からシャワーを止める音が聞こえた/染野太朗」を下敷きにしたSS

友よ そうするほかになく炎天にふたり立つ百年を憎むか

「そういえば、ことしはたぶんどっちも出す」と叱られたTの話題は突然変わった。「で、どっちもとれなかったら歌壇も出す」
 短歌研究と角川、ふたつの新人賞にどちらも出す、という話だ。どちらも受賞しなかったら秋の歌壇賞にも出すという話。
「行けるんじゃん」
「おまえも出すんだろ」
「まあ出すだけだけどな」と口を動かすと、なんだか予想を超えて切羽詰まった声が出た。

comments(0) | -
スポンサーサイト
- | -
Comments
Post a Comment










PROFILE
LINK
Search this site :